郷土料理レシピ 簡単 低糖質 真鯛のしょっつるかやき

しょっつるかやきおつまみ系
しょっつるかやき

「しょっつる」または「塩魚汁」とは秋田県で作られている「魚醤」で名前の通り塩で魚(ハタハタ)を漬けた汁です。
一年以上かけて熟成された「魚醤」でとっても旨味があります。
また原料は「ハタハタ」と「塩」だけなので低糖質になっております。

この調味料として有能な「しょっつる」は鍋のつゆとしてはもちろん、パスタや焼きそば、チャーハンや野菜炒めにと様々なお料理にご使用いただけます。

今回は「しょっつる」を使って定番の「かやき」を作りました。
ホタテ貝のミニ鍋を使っておりますので、1人分です。

低糖質 真鯛のしょっつるかやき

糖質量:約1.1g  ※使用する材料、調味料により変動します。

材料

  • お好みのお魚(今回は真鯛)・・・・適量(今回は刺身の余り70g)
  • 水・・・・・・・・・・・・・・・・150㏄
  • しょっつる・・・・・・・・・・・・小さじ2
  • お好みのきのこ(今回は舞茸)・・・適量(今回は30g)
  • 木綿豆腐・・・・・・・・・・・・・少し(今回は35g)
  • お好みの野菜(今回はセリとネギ)・適量(今回は10gずつ)

作り方

  1. ボウルや容器に水150㏄としょっつる小さじ2を入れてよく混ぜます。
  2. ホタテ貝やミニ鍋に、お魚、お好みのきのこ、豆腐、野菜を入れて「1」のスープを注ぎます。
  3. 火をつけて、具材が煮えたら完成です。

ポイント&コメント

鍋に昆布を入れてもいいですが、入れなくても十分美味しです。
このミニ鍋で作ることにより、汁も少なく旨味が半端ないです!
鍋に入れるお魚は真鱈の切り身や、真鯛がオススメです。

使用している調味料は以下の記事でご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おつまみ系 レシピ
コルクをフォローする
酒飲みコルクの糖質制限

コメント

タイトルとURLをコピーしました