糖質制限レシピ ピーマンと卵の中華風炒め

おつまみ系

私の大好物のピーマンが主役の一品となっております。

しかし、ピーマン苦手な方って意外と多いそうですね。
色々なピーマン料理がありますが、試してみる価値はあるかと思います。
美味しゅうございますよ。

溶き卵とさっと炒めて、卵のふんわりとピーマンの食感のコラボレーションを楽しみましょう。
仕上げのごま油の風味がたまりません。私的にはおつまみにぴったりです。

おつまみにもぴったりなのですが、実はピーマンにおいては果肉が厚いおかげで、熱を加えると壊れやすいビタミンCの損失が少ないといわれているようですね。
ビタミンCには、風邪予防や肌メンテにも効果がありますので嬉しい限りです。

野菜の分類でも青ピーマンは、100g当たり約2.8gと比較的糖質量は低めですので糖質制限中にも嬉しい食材だと思います。

今回は糖質量を抑えるため、ピーマンと卵しか使用しておりませんが、これにしらすやハムなんかも入れると美味しそうですね。今年は猛暑と雨で、少しお野菜が高騰していますが、それでも葉物に比べるとピーマンはコスパもよく美味しいので一石二鳥かと思います。

簡単ピーマンと卵の中華風炒め

糖質量:約2.7g  ※使用する調味料により糖質量は変わります。

材料

  • 青ピーマン・・・・・・・Mサイズ2個
  • 卵・・・・・・・・・・・2個
  • 鶏ガラスープの素・・・・小さじ1
  • 塩コショウ・・・・・・・少々 
  • ごま油・・・・・・・・・少々

作り方

  1. ピーマンはお好みに切ります。
    卵に絡みやすいように細切りにしました。
  2. 卵は鶏ガラスープの素を入れ溶いておきます。
  3. フライパンでピーマンを炒め、塩コショウを入れ味を整えます。
    ※必要に応じてサラダ油をひいて下さい。
  4. 「2」を入れてさっと炒め合わせます。
    ※ふんわりに仕上げたいのですが、お好みの焼き加減でお願いします。
    ふんわりにするには、白身を切るように泡立てないよう混ぜるよりは、ボールを手前に傾け、下から空気を含ませるようにかき混ぜた方がいいのかなと思います。
  5. 仕上げにごま油を鍋肌へ回し入れ、さっと混ぜたら完成です。

ポイント&コメント

味付けはお塩で調整していただければと思いますが、お醤油を小さじ1/2入れてもいいと思います。お弁当に入れる際や、食べるまで時間が空く場合は、卵はしっかりと火を通して下さい。

私は半熟加減が好きなのでおつまみとして食べるときは、さっと炒めてとろふわ熱々をお酒のお供にします。

簡単に出来ますし、もしかしたらピーマン嫌いを克服できるかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おつまみ系 レシピ
コルクをフォローする
酒飲みコルクの糖質制限

コメント

タイトルとURLをコピーしました